ヒロコノミタモノタチ
カンジタコトタチ
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うつり行く時代の中で | main | 霜がおりました >>
おじいちゃんの大切なお庭

おじいちゃんがいた
田舎のお庭の景色には
もう、誰もいないけれど

目を閉じれば
盆栽や苔を愛しそうに慈しむ
おじいちゃんがそこにいた記憶が蘇ります

何にもない場所だから
毎年、田舎に帰ると暇で暇で
裏の田んぼで蛙と遊ぶ以外に
何もすることがなくて…
そんな思い出も今となっては良い思いでです

幼いころから
ぼーっと眺めてきた変わらぬ景色
小さな川を流した石庭と
農作物や農耕具を置く納屋のある
ただ、ただ静かな田舎の風景
何にもない場所だから
毎年、田舎に帰ると暇で暇で
裏の田んぼで蛙と遊ぶ以外に
何もすることがなくて…
そんな思い出も今となっては良い思いでです

私も、毎年いってた何も無い北海道の農場に
いきたくなったーーーーー。
虫と馬と小鳥と牛と猫と遊んだ夏の日々。
sakiq | 2008/01/10 01:06
COMMENT