ヒロコノミタモノタチ
カンジタコトタチ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
生命力

はじめて見た植物
ゼンマイのような見た目
似て非なるもの

台湾の高台にある
陳さんのおうちの
玄関でみつけました

なんだか
神秘的で
生命力を感じます
朝のご褒美は天の梯子

静かに目覚めた早朝
みんなの寝顔を横目に
ひとりベランダに出る

下界の喧騒と
昨夜の興奮が
嘘のような
音のない世界

早起きのご褒美は
天から降り注ぐ朝日の梯子

まるで
手を伸ばせば
昇って行けそうな
そんな気持ちにさせられる

その上には
一体何が待っているのだろう

ただ、ただ美しい
台北の朝
感謝

みんな
おじぎをして
感謝
感謝

そんな
平日の日常
台湾ごはん

シンプルで
コク旨な
台湾ごはんは
台湾ビールでいただきます

うまーーーい!
バチバチバチン!

バチバチバチン!
バババババ!
ズドドドドドド!

台湾の爆竹は
耳が張り裂けそうなくらい
すごい音と煙でした!

お祭り好きな私は
わくわくと胸が高鳴りました
ガシャガシャがいいっ!

ガシャガシャ
ワサワサ
ザワザワ

そんな音が
そこらじゅうから聞こえてくる

雑踏からも
食堂からも
建設中のビルからも
音のない場所からさえも

熱気、活気、勢い

街のいたるところから
湧き出てくるような
人間臭さや人間味

台湾は人情に溢れ
ただ、佇んでいるだけで
胸踊り、血が騒ぐ場所でした
ちゃんと、人が人である場所でした
愛台湾

週末、わくわくなメンバーで台湾へひとっ飛び!

たいわにーず最高!

彼らの真心に触れることによって
ポッと温かな
人によっては
ゴーーっと燃え盛るような音がするくらい
熱い、熱い心を
ヤケドしそうなくらいに感じてきました

              *****

ともすれば
忙しい日々の中で
見失いがちな何か

都会に住む、私のような日本人が
日々忙殺されるような混沌の中で
忘れてしまいがちな何か

本当の意味での
心の温かさ、深さ
熱すぎる…ぶ厚すぎるくらいの
思いやり、繋がりへの想い
信望、信心、信敬心、信愛心

大きな包容力
を感じてきた気がします

陳さん、王さん、翁さんご一家、
林さんご夫妻、寥ちゃん、
ケヴィン、孫さん、孔さん…

そして、NA子!
そして、そして、
すっかり台湾に染まった
我ら愛台湾孩子達!

多謝! 多謝!